« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

日々是精進也

その後特に何も問題はなく過ごしています。
ステロイドの再投与を始めてから体重減少と給水過多を心配していましたが、それも特に変わりはありません。

1月28日(日)
先日の北海道で大活躍した防寒ロンパースを着せて近所に散歩に。
今回は久々に大好きだったボールを持参してレトリーブを試みてみたところ、ついこの間まで無関心だったのが、何回でも追いかけて取りに行き、手元に持ってくるようになっていました。
まだなかなか咥えているのを離して置いてはくれませんが、以前同様の状況が見られとても嬉しく思った休日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の北海道を堪能してきました

もうタイトルが浮かれ基調ですが…

予定通りに自家用車八戸からのフェリー乗船を目指し北上しました。道中はゆっくりと休み休み向かい、自宅から10時間ほど掛けて八戸へ到着。今回も同じ部屋で一緒にいられたのはよかったです。

1月12日(金)
揺れで寝不足のまま朝6時に苫小牧へ到着。
前回と同じお店で朝から海鮮料理に舌鼓を打ち、雪が残る道ながらもよく晴れた絶好のドライブ日和の中、札幌へ向かいました。

予約は10時だったものの少し早めの9時半には北大動物医療センターで受付を済ませましたが、ほぼすぐに呼ばれクインを預けることができました。

麻酔から覚めて話を伺えるのが13時くらいだということで一旦外出することにしました。
さすがに寝不足に負けて少し仮眠しましたが、病院近くでジンギスカンを食べて元気を取り戻してから戻りました。

少し待った後に呼ばれた診察室には権威の先生もいらっしゃって、MRIの写真を見つつ説明を受けることができました。

さて、本題です。

今回の診察ポイントは「嚢胞の大きさがどうなっているか」「脳圧が高い状況か否か」の2点。

11月の検査で嚢胞が縮小傾向にあったものの12月に部分発作が見られたりと不安があったのですが、残念ながら嚢胞については前回(9月)と変化無しとの診断でした。
まさか大きくなったとは思いたくはないですが、もしかしたら11月の検査では直径10mm程度の嚢胞に対して微妙に中心から数mmずれたところでのMRI撮影だった可能性もありますので現実を受け止めることとしました。
 (注)北大では撮影位置の再現性がきちんとなされているため信用度は高いです。

また、腫瘤周囲の脳実質に明確な浮腫が確認されたことからステロイドの投与を再開することを推奨されました。(自分も同じ判断をしました。)

幸いなことにいわゆる「脳のしわ」がはっきりと見えたので脳圧については問題ないことが確認できたのはよかったです。

次回は4月。当初目論んでいた飛行機での渡航はまだかないませんが、また行程を吟味して検査に来たいと思います。

 支払額:2060円

経過観察のための検査は安いとは聞いていましたがここまでとは思いませんでしたので、とてもびっくりしました。(想像の10分の1以下!)

この日は札幌市内のお友達宅にお世話になり、翌日もいろいろなところを案内いただき、また苫小牧からフェリーに乗り無事に帰宅しました。

1月15日(月)
仕事を定時で片づけ、相模原どうぶつ医療センターへ北大での検査の報告に行きました。
ちょうど北大からも報告のFAXが届いており、今後の方針としてステロイドの再開と次の検査へ向けての段取りについても確認を行ないました。
担当医が2月末まで他の病院の応援で不在となってしまうため、戻ってくるまで元気を継続しようと思います。

 支払額:12576円(すべて薬代)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年を迎え北海道行きの準備も完了

その後は部分発作の症状もなく、順調に新年を迎えました。
ただ、機嫌が悪いと歯を剥いて怒るという状態がひどくなり少し困っています。
おそらくは脳の影響で多少は性格が変わっているのと、日常のストレスではないかなと考えています。

まだどうしてもフリー状態で留守番させるわけにはいかず、それゆえ一日のほとんどをサークル内で過ごしているのも一因かもしれません。

一度、散歩嫌いなアリスをシャンプーに出しているときにクインだけを連れて近くの公園で思い切り走らせてあげたら、それからは少し落ち着いているように見えます。
できれば、大好きだった雪の上で思い切り遊ばせたいところなんですが…。

1月7日(日)
前日の晩ご飯も21時までに済ませ、朝ご飯を食べさせずに朝一に検査のために相模原どうぶつ医療センターへ。
北大での放射線治療後3ヶ月検診のための事前検査になります。

まず体重は5.7kgと順調に増え(苦笑)、エコー検査では皮下脂肪の存在も指摘されるという…。
レントゲンは異状なく、ステロイドを抜いて1ヶ月経ってからの血液検査の結果も肝臓代謝起因の数値も標準になり、すこぶる良い状態となりました。

ただ、エコーで胆汁の状態がドロドロしてきている可能性があるということで、将来的な胆泥症の懸念があるためにご飯を低カロリー低脂肪にしたほうがよいと提案されました。しばらく様子を見て、数ヶ月後にまた検査しようと思います。

 支払額:29299円

次回は北大から戻って15日に報告に行く予定。
ここまで担当してくれた獣医師がしばらく大阪勤務となるということで、赴任前に伺うこととなりました。

いよいよ今週木曜日に北海道へ向けて自家用車で出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »