« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

上高地・乗鞍の旅

Dsc_0451a

この週末は、クインをつれて上高地と乗鞍まで行って来ました。

いつもなら後部座席の一画にクイン用のスペースを設けるのですが、今回は私の両親も一緒なので、はじめてクレートを使っての旅行となりました。
クレートの中には念のためトイレシートを敷いてその上に人工芝をのせてくつろげるスペースにしたのですが、はじめは中で軽く一暴れ。

Dsc_0441a

無駄な抵抗はやめてでてきなさい(苦笑)

でも、底が安定していることがよかったのか、なんとか車酔いせずにおとなしくしていてくれるようになりました。
もしかしたらこのほうがクインには安心できるのかな?

バンガローをかりて1泊の予定なので、一旦そこによって荷物を置いたあと、いよいよ今回のメインイベントである上高地に向かいました。
上高地は今のところ犬を連れて行くのはOKです。(もちろん、リードにつなぐ・糞は持ち帰る等基本的なマナーを守るのは絶対条件です)
マイカー規制で途中からバスかタクシーに乗り換えていくのですが、あいにくバスには犬を乗せることができません。なので今回は犬OKのタクシーで向かいました。

台風がきていたので心配していた天気もすっかり晴れて、焼岳山頂からのぼるかすかな噴煙まで見ることができました。

散策ルートは、主に大正池から河童橋までと河童橋から明神池の2通りあります。今回は時間にゆとりがあるので河童橋から明神池側のルートを歩くことにしました。(バスツアーで行くと時間的にこちらは無理なのです)

ずーっと車での移動だったので、歩き始めるとずんずん引っぱっていくクイン。
そんなにとばすと、後がつらいよ~。先は長いんだから。

Dsc_0527a_1

道中、犬連れは珍しいせいかいろんな人に話しかけられたり「かわい~!」と言ってもらえたりでますますご機嫌にとばしていくクイン。
でも、どうやら嘉門次小屋に着いたあたりから多少疲れが見えてきました。人間も疲れたので、ここで一休み。
はじめはクインと私は入り口付近で待機していたのですが、外のいちばん端の席でつないでいる分にはそばに置いておいてもよいとお店の方に許しをいただきほっと一息。
疲れているはずなのに水を飲んでくれず、少しだけ私の飲んでいた100%リンゴジュースをわけてあげました。なんか贅沢になってないかい?

明神池は、犬はだっこしていればOKとのことで一の池二の池ともにクインと散策できました。
(しかし、日に日に成長しているクイン。さすがに重くなって、途中で旦那にかわってもらいました(^^;)

ここからは橋を渡って川向こうの道を戻るのですが、どうやら今年7月の豪雨で大変な土砂崩れがあったらしく、崩れた痕も生々しい箇所が所々に残されていました。
もちろん歩くところは通れるようになっていましたが、上高地もどんどん風景が変わってしまうのだということを改めて感じさせられました。

さてさてクインですが、行きはあんなに引っぱっていたのに徐々にペースが落ち始めました。
明神池でだっこされたのを「疲れたからだっこしてくれたんだ!」と勘違い(^^;オイオイしたらしく、歩みが遅れ出すとリードを持っている旦那を見上げては止まろうとします。
山男風のお兄さん二人に「がんばれー」と追い越しざまに声をかけてもらいつつも、見上げる回数が徐々に増え始め、旦那がだっこしてくれないと理解すると今度はそばを歩く私の顔を見上げる始末です(汗)。

と、道のすぐそばに清流が流れているところにさしかかった途端、なんと水嫌いのクインが自分から流れの中にざぶざぶと入っていくじゃないですか!!!
水を飲みつつ着ているTシャツが濡れるのも気にせず、しばらくそこから離れようとしませんでした。ほんと、びっくりです。

Dsc_0563a

その後は叱咤激励(!?)しながらなんとか最後まで自力で歩いてくれましたが、よくよく考えてみれば普段の散歩の何倍もの距離を歩いてるんですよね。
ほんとによく頑張ってくれました。お疲れさま。

Dsc_0557a_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

衣替え!?

今日はfannyfaceで夕ご飯でした。
う~ん、週末って感じでいい気分です(^^)

で、お店の近くに住んでいる弟からクインにプレゼントをもらっちゃいました♪

どぉ?似合うでしょ?
(でも、やっぱり女の子には見えませんねぇ(^_^;))

Dsc_0439a

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スムースなクインです!

Dsc_0420a

今日は予定通り半蔵ちゃんとこ行って、ちょっとだけ小山内裏公園のドッグランで遊ばせた後、予約していたトリミングへ行ってきました。
今回は思い切ってスムースコート風にリクエスト。
どんな感じになるか期待と不安を感じながらお迎えに行ったら、こんな感じでりりしく(女の子なのに?)なってました!
Imgp0957a
なかなかかわいいでしょ?

ここんとこ鼻筋の毛が伸びて視界に邪魔そうだったので、本犬もスッキリしていいんじゃないかなと思います。(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日も弾けてきましたわん♪

今日は暑くなることが予想されたので、今のうちにと懸案の「プレイフルドッグ」へ行ってきました。

Imgp0952a_1

うちからは車で30分くらいのところにあるのですが、雰囲気的になかなかいい感じで、オーナーさんのこだわりが随所に表れてます。
ちょっと高台にあるせいか見渡せる景色もきれいだし、予想よりこじんまりとした感じながらも清潔感のあるところが気に入りました。

さてさて、肝心のドッグランですが敷地内にプールもあって、小型犬が走り回るには十分な広さです。今日も先にたくさんのワンちゃんたちが来ていて、入っていきなりクインはみんなのアイドルと化しておりました(苦笑)
Dsc_0344a
年(月?)の近い子犬が何頭かいたので、特にその子たちとじゃれて遊んでました(^-^)
その中で初めてながらプールではしゃぎまくるボーダーコリーのスピカちゃんとは、やけに意気投合?して楽しくガウガウしてたんですが、どう見ても体の大きさが倍以上違うのに対等に遊んでいたクインには呆れモード。。。
Dsc_0351a スピカちゃんです。

Dsc_0354a クインもちょっとだけ

Dsc_0390a お~い!

たっぷり走り回って泥だらけになった後は、施設内の温水シャワー(シャンプーを使わなければ無料!)でリフレッシュ♪
Dsc_0394a

帰りは案の定ずっと爆睡でとっても疲れたご様子。。。
写真を撮り忘れてしまいましたが(汗)食事もメニューは少ないとはいえ質も量も大満足♪

またまた通いたくなるいいスポットが見つかってとても充実した一日でした。

明日は半蔵ちゃんとこに行こうかなぁ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

納涼祭

土曜日は、はるひ野にあるFreshness DOG CAFEの納涼祭に行ってきました!

現地でラテちゃんたちと待ち合わせていたのですが、予定より早くつくと「ラテちゃんと待ち合わせですか?」と声をかけてきてくれたのがトトちゃんとママさんでした(^^)
立ち耳のうじゃっくちゃんでラテちゃんとそっくり。

その後Latte☆1さんとお姉さんご夫妻がラテちゃんとともにNEWマシンで登場!
相変わらずおとなしくていい子ですね~(^^)

続けてayaさんとメルちゃん、そら君とパパママさん登場で、がぜんにぎやかになってきました。メルちゃんはこのあいだあってから久しぶりなんですが、ちょっとスリムになってました。ウェスティのそら君とははじめてなのですが、挨拶しに行くかと思いきや、その横にいたパパさんに飛びついて顔をべろべろ(汗)でも、そんなクインの無礼にも気にせず仲良くしてくれました(^^)

と、なかなかやんちゃな雰囲気たっぷりのきゅうと君がパパママさんと登場。
お調子者のクインは、また遠慮なく飛びついていこうとして「がう!」と怒られちゃいました(^_^;)いい加減そのあたりお勉強して~。

Imgp0941a 怒られちゃった。。。

しばらくしてマリブ君がnonさんご夫妻と登場!
相変わらずスマートなマリブ君、やっぱりおこちゃまは興味の対象ではないらしく(^_^;)一生懸命遊んでもらおうとアピールするクインには目もくれず、メルちゃんに夢中でした。

獣医の先生から夏バテのお話を聞いたあと、お待ちかねのわんちゃん用おやつ。
りんご・バナナ・オレンジにヤギのミルクプリンがかかった、クイン生まれてはじめてのスウィーツです!おいしかった?

ドッグランでは本領発揮で先客のプードルちゃんと全力疾走で追いかけっこ。
そこにいた別のジャックを巻き込んで走り回っていると、そこにやってきたいつもマイペースのラテちゃん。気がつけばその輪の中に巻き込まれて、いつもはのんびりしているラテちゃんが先頭を走る走る!災難だったねぇ、ラテちゃん。

そのあと、バザーで冬用のコートをゲット。Imgp0948a_1
これで寒いところもOKだねぇ、と冬場にむけて準備を始めた飼い主の野望を知ってか知らずか、遊びに夢中なクインでした。

それにしても、これだけジャックが集まってそれぞれが個性的なので、見ていて楽しいですね~。
Imgp0939a_1

さすがに集合写真はそれぞれがてんでばらばらのほうに興味があってうまく撮れなかったけど、いっぱいかわいがってもらえて満足げなクインを見て満足の飼い主なのでした。

みなさん、また遊んでね~!

| | コメント (14) | トラックバック (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »